PBM三方断裁機

製品概要

コンピューター対話型データ入力方式を採用し簡単なセット替えを実現。
糊付けし完了した本を搬送、断裁位置合わせの一連作業をコンピューターで7軸同時制御し高能率を達成した三方断裁機です。

特長

コンピューター対話型なので、素材寸法、仕上がり寸法、断裁値を入力するだけで、天地刃、ストッパー、第一送り込み、第二送り込みの入力完了です



100パターンの大記憶容量。
(規格本及び規格外本の寸法表示パターン、アラーム表示及び解決策の表示パターン、寸動、自動運転の操作表示パターン等)



研磨ボールネジ軸、ボールスライドガイドを採用、工作機械級の高精度、耐久力を維持



ACサーボモーターの採用によるブラシ等のメンテナンスフリー



強靭な特殊鋳物一体フレームを大型マシニングセンターによる一工程同時四面加工により高精度を保持



機械寸法図

仕様 三方断裁機PCS7型
最大本寸法 A4判(320mm×225mm)素材寸法
B4判(374mm×267mm)素材寸法 特別仕様
最小本寸法 A6判(148mm×105mm)素材寸法
厚 味 10~100mm
回転数 15~18回転/分
重 量 4,000kg
所要動力 10.5kw(3相200V)
機械寸法 2,930(幅)×1,910(奥行)×1,620(高さ)mm

動画紹介

PBM三方断裁機 PSC-7型


back to top